酒蔵で働きたいと思ったら

酒蔵で働きたいと思ったら

(写真は他社のお酒です)
3月出張全部なくなってしもうたー。
でも蔵見学受け入れやイベント自粛の話も会社から通達あったので大人しく過ごします……

そして今朝は家の近くのヨークベニマルに、開店前からすごい列。本当に必要な人に、必要なものが行き届きますように。それにしたって本当に必要な人こそこの空気感では買いにくかろうに……かわいそう……

さ、今日も皆さんにどんなどうでも良い話をしようか色々考えまして……花酵母の話は長くなるからまた今度にして……本日は「酒蔵で働きたいと思ったら」という話をしたいと思います。

ざっくり言うならば、酒蔵に入るにはどんな方法があるのかという紹介でございます(´・∀・)

ご存知の人はご存知の通り、わたしはもともと自社製品が好きという理由で会社に入っておりますが、入社方法は「先生からの紹介」つまり「コネ」でございます。

それまでは普通に就活しておりまして、
・従業員の少ない会社
または
・公務員
を目指して説明会受けたり面接しに出向いたりしてました。

たぶん農大の新卒が蔵勤めするとき多いのは「紹介」という方法かなと思います。
わたし東京農業大学で、社長も東京農業大学で、社長が学生時代世話になった先生からの紹介です。スムーズですね。

その代わり、紹介は「待ち」なので
・好きな酒蔵を伝える
・働きたい地域を伝える
・あとは待つ
という必要最低限の動きです(私の場合)。
私なんかは特に「絶対蔵に勤めたい!!!」という人間ではなかったので、今となっては蔵名を覚えてないですが、紹介されたものの後輩と相談して譲ったパターンもあったかと思います。

普通に就活→先生からの紹介→偶然大好きな酒蔵→就活途中で中止→入社という感じです。

えー……「紹介」で良いところは「辞めにくい」とこです(人事目線)。

「絶対蔵に勤めたい!!!」という人は、
・ハローワークを探す
・マイナビ、リクナビなどを見る
・会社ホームページを見る
などがその他の方法に挙がります。

特定の銘柄が好きで蔵で働きたがる人って思ったより大学にはいなかったですね。
紹介されて知って好きになるとか、大手の蔵になるとそんじゃそこらの会社よりも福利厚生しっかりしててそこで選ぶとか。
これ辞めるときしがらみないですね(人事目線)。

特定の銘柄が好きなのに上のサイトに情報が無い!という人は
・直接電話をする
という最終手段をとることになります。

もうじき3年目になる我社の後輩はそのパターン。
「御社の商品が好きで、勤めたいが、どこにも求人がなく、どうしたら良いかわからず電話しました」
ですね。

そんときはめっちゃ声暗くて大丈夫かこいつって思ったのですがそりゃ突撃で電話したら緊張するわな、と(笑)。
直感で採用に進めてよかったですね。
今は素敵な相棒です。
これは採用時に「求人出てないんだけど仕方ないなぁ」感をたくさん出すと辞めにくいですね(人事目s)

特殊な人脈があれば
・その銘柄を置いてる酒屋に売り込む
もルートとしてはアリかと思います。
うちのアメリカンボーイがこれですね。
売り込んだわけではなく、酒屋さんがうちを思いついて紹介してくれた感じでしたけど。
これも辞めにくi

以上!ご紹介でした!
皆様も蔵に勤めたいと思ったらぜひ上記お試しくださいね!( •̀∀•́ )✧

(さけぴの趣旨とズレてる……?)

いいね!2

報告する