奥の松 全米吟醸

奥の松 全米吟醸

”吟醸造りに欠かせない醸造アルコールを、奥の松の純米酒や純米大吟醸酒を惜しげもなく減圧蒸留して造りました。米100%の醸造アルコールから生まれた新しい日本酒です。吟醸造りの新たな可能性を感じさせる逸品です。”

福島県の奥の松酒造さんで作られている新しいアルコール添加の形

一般的なアル添酒では、とうもろこしなどから作られた粗留アルコールを連続式蒸留機で何度も蒸留して純度を高めて精製された醸造アルコールを添加しますが、このお酒では日本酒を蒸留して作られた醸造アルコールを添加しているため、「全米」という表現をしています

アルコール添加されたお酒に関しては海外で純米酒とは別のジャンルと取られてしまうため、ネガティブイメージがつきまとうこともありますが、新しい技術で新しいアルコール添加酒が作られることで認識が変わっていくかどうかが気になります

いいね!0

報告する