なぜなのか

なぜなのか

20代前半の飲み会などで出される日本酒のイメージは罰ゲームでしか無い

そんな飲み会の記憶がある人間にとっては酒を飲む行為の意味が分からなくて距離をおくのも当然であるし、そもそも酒は体に悪く失敗の元でありメリットが無いように思える

ただ、そんな中でも良いお酒との出会いがあり、その時に感じたことは美味しい以上に面白いということだった

細かいことを言えば、酵母の働きとか精米のあれとか火入れのあれとかあるんでしょうけど、ただ自分の前に出てきた時に「なにか感想を言える気がする」と思わせてくれる力があるというのが面白い

お酒を飲む方に時々「何故酒を飲むのですか」という質問をソフトドリンク理論※に基づいてすることがありますが、確かに考えてみるとソフトドリンクを飲んだ時に何か語りたくなるような衝動に襲われることは少ない気がする
おそらくドクターペッパー飲んでマイノリティー気取っている奴だけだろう(偏見)

そんな感じで酒を飲む理由の一つとして食事以上のものを与えてくれる存在だからという答えが出せそうですが、もう一つの利点として発見したのが、夜中で文章書くのがめんどうでも酒を飲みながら良い気分になることで、勢いで記事投稿を行えてしまう勇気が湧いてくることですね

※ソフトドリンク理論:食事の際酒に金を使うより食べ物に金を使った方が美味しさのコスパが良いとする理論

いいね!0

報告する